2014年10月28日

「美女と野獣」映画公開間近。壁ドンよりも凄い「氷ドン!」

  


BtdYgZqCUAEqHye.jpg-large.jpg
公開間近!
フランスが誇るNO.1若手女優
レア・セドゥをヒロインに迎え
ディズニーでアニメ化もされ世界で大ヒットした
傑作ラブストーリーを実写映画化したあの
『美女と野獣』
ついに公開となります。11月1日公開。


ストーリー
作品の主人公はご存知、
バラの花を盗んだことで「命を差し出せ」と言われた父の身代わりに、
野獣(ヴァンサン・カッセル)の城に
囚われの身となった美しい娘・ベル(レア・セドゥ)
彼女は死を覚悟するも、野獣はディナーを共にすること以外、
何も強要しない。
やがてベルは、野獣の恐ろしい姿の下にある、
悲しい過去に気づき始める…。
スクリーンショット 2014-10-28 9.34.16.png スクリーンショット 2014-10-28 9.34.26.png



日本の女子をキュンとさせる
「壁ドン」の進化系。
現在、
日本のラブストーリーに欠かせないワンシーンとなっている“壁ドン”。
そんな日本女子に胸キュンのいち場面を、
海外作品の中で発見!
日本のイケメン男子たちも卒倒してしまう、
壮大かつワイルドなその映像が到着した。
スクリーンショット 2014-10-28 9.33.43.png
今回の気になるシーンはベルと野獣の美しきワンシーンだ。
その舞台となるのは、身も凍える氷上。
この冷たい広大なところのどこに“壁”があるのか?
壁ドンはなにも純粋な壁で行われるものではない!
この作品では氷そのものを壁に見立てて、
壁ドンならぬ胸キュン必至の“氷ドン”
描かれているっ!!
スクリーンショット 2014-10-28 9.29.10.png

城に幽閉されてしまったベルが逃げ出したところを、
野獣が追いかけ、大胆に押し倒し、
氷が裂けんばかりの力で“ドン”を繰り出す。
まさに肉食系男子ならではの豪快なこの胸キュンシーン。
壁ドンの真髄が、強引さとサプライズによる驚きからの
トキメキとするならば、これぞ究極!
“壁ドンの向こう側”ともいえるワンシーンに仕上がっている。
もちろん、フランス屈指のクリエーターたちが生み出しただけあり、
そこには幻想的な美しさもあいまって、
日本女子たち垂涎の映像となっている。


日本男子とはまた違うバージョンの
壁ドン、ワイルド系“氷ドン!”
かなりワイルドすぎる胸キュンシーンに
この秋ハートを奪われてみてはいかがでしょうか



posted by のせ at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旬のエンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/407879821

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。